トレンド探偵団セカンドシーズン!

芸能トレンドから2ちゃんねるのスレまとめまでリアルタイムでカキカキします!

未分類

ボルト転倒棄権した理由が大会運営側にあると判明!動画あり引退理由も

投稿日:

スポンサーリンク


ボルト転倒棄権した理由が大会運営側にあると判明!動画あり引退理由も

 

世界最速の名をほしいままにしてきたウサインボルトさんですが、今回の世界陸上で転倒し棄権した事が話題になっています。その理由が大会運営側の対応が原因ということでも波紋を呼びそうですね。

動画もありますのでぜひ。

 

1、ウサインボルトのプロフと過去の栄光

 

名前:Usain St. Leo Bolt(ウサイン・セント・レオ・ボルト)
愛称:ライトニング・ボルト
生年月日:1986/8/21(執筆時30歳)
出身地:ジャマイカ・トレローニー
身長:196cm
体重:93.89kg
職業:陸上短距離選手
自己ベスト:100m-958(2009)150m-1435(2009)200m-1919(2009)←全てが世界記録

 

【通算メダル】

オリンピック
100m
200m4×100mリレーの3冠を3大会(北京、ロンドン、リオデジャネイロ)連続で達成したが、後に北京でのリレー金メダルが剥奪されたため通算金メダルは8個。

世界陸上
100m
200m4×100mリレーの3冠を3度達成し、100m二連覇(三回優勝)・200m四連覇・4×100mリレー四連覇の通算11個の史上最多となる金メダルを獲得。

 

2004年、アテネオリンピックで一次予選で惨敗。

2007年、世界陸上選手権200m決勝で銀メダルを獲得。(金メダルはダイソン・ゲイ。)

2008年、816日、北京オリンピック陸上男子100m決勝で、レース前に、後にボルトの象徴となるポーズを見せた。
レースでは中盤から他選手を圧倒、最後の数歩を両手を広げ流して走り、フィニッシュの際も胸を手で叩く程の余裕を見せた。それでも自らの世界記録(当時)を003上回る969+0.0m/s)の世界新(当時)で圧勝という結果。
200m
400mリレーでも優勝し3種目において全て世界新記録での優勝。これはオリンピック・世界選手権を通じて史上初。
しかし、2017年のドーピング再検査にてリレーのメンバーだったネスタ・カーターに禁止薬物の陽性反応が出たため400mリレーでの金メダルは剝奪。

2012年、ロンドンオリンピック100m200m400mリレーの三冠を達成。(100m200m2連覇は史上初)

2013年、世界陸上モスクワ大会で100m200m400mリレーの三冠を達成。

スポンサーリンク


2015年、世界陸上北京大会100m200m400mリレーの三冠を達成。
100m
は、中盤からウサイン・ボルトジャスティン・ガトリンの二人による一騎討ちでガトリンは980、ボルト979という僅か100分の1秒差であった。

2016年、リオデジャネイロオリンピック100m200m400mリレーの三冠を達成。

 

世界最速をほしいままにし、コレ以外にもスポンサー契約で得た報酬は数百億だと言われています。

名実ともにナンバーワンの陸上選手ですね。

 

 

2、ウサインボルト転倒動画

 

以下が転倒動画になります。

 

 

3、ウサインボルト棄権の理由をチームメイト激白

 

ボルトさんが点灯した理由をチームメイトが以下のように言っています。

 

400メートルリレー3走ヨアン・ブレイクは、

「彼らはあまりに長く僕らを招集所で待たせ続けた。ウサインは本当に冷え切っていた。実際に僕にこう言ったんだ。『ヨアン、これはクレイジーだと思うよ。40分間も待たされて、(その間に)自分たちの出番の前に2回のメダル授与式が行われているなんて』とね」

 

400メートルリレー第1走者のオマール・マクロードは、

「これはバカげている。我々は屋外で45分間も待たされ続けた。レース前に3つのメダル授与式を行われたと思う。体を温める続けるのに必死だったんだ。これはバカげている。本当に待たされ続けたんだ」

 

 

 

4、引退理由

 

 

ボルトさんの引退理由は年齢的なこともあると思うのですが、本人曰く「陸上で欲しいと思っていたものは全ててにした」と言っています。

 

コレが原因のようです。

 

 

 

5ネットの声

 

最盛期に憎たらしい程強かったヤツの晩年って、観てきたコッチはなんだか笑顔で泣けてくるんだよなぁ。北の湖千代の富士の時もそーだった。ナゼか優しい気持ちになるンだよなぁ。

終わりよければすべてよしと言うけど、ボルトを見ていると咲かせた花が大輪すぎて、どんな結末になっても誰からも愛され、美しく終われたんだろうな。 金メダル獲っていた時より、ボルトの偉大さを痛感させられた1日だった。

世界陸上ロンドン男子4×100mリレー決勝日本銅メダルヤッタネ。多田修平選手21歳、飯塚翔太選手26歳、桐生祥秀選手21歳、藤光謙司選手31歳おめでとうございます。リオ五輪に続き本当に凄いです。皆メッチャカッコいいイケメン素敵。ボルト選手ラストランなのに足を痛め完走できず泣けます

 

 

 

さいごに

 

これから新しいスターが誕生するのでしょうね。次はどんな人なんでしょうか?

 

スポンサーリンク


-未分類

Copyright© トレンド探偵団セカンドシーズン! , 2017 All Rights Reserved.